義歯

メイン画像

入れ歯について

部分的にまた全体的に歯を失ってしまった際に、歯の役割を担う入れ歯を使用することで顎の衰退を防ぐほか、日常生活に不便することのない口腔環境を目指すことを目標とする治療です。

そのためにも入れ歯の条件として浮きが少なく残った歯に負担をかけないこと(部分入れ歯では残った歯を支えにするため入れ歯の浮きは歯を痛める原因になりかねません)快適に使用できることが大切です。

クオーレ歯科・矯正歯科クリニックでは、浮きが少なく快適な付け心地を叶えるために「噛み合わせ」に注目し、歯茎の沈みこみに対応できる型取りの素材に拘っています。

・入れ歯に違和感がある
・入れ歯が動く
・なかなかフィットする入れ歯が作れない

上記のようなお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

入れ歯について

入れ歯の種類について

  • レジン床義歯(保険適応)
    義歯床が全て、レジンプラスチックという素材でできているものをいいます。
    強度を保つため厚めに作られるので、装着時に違和感を覚えることがあり、食べものの温度も伝わりにくいです。
  • 金属床義歯
    義歯床が、コバルトやチタンなどの金属でできているものです。
    熱伝導にすぐれているため、レジン床素材にくらべると違和感が少なくなります。
  • ノンクラスプ義歯
    金属のバネ(クラスプ部分)のない部分入れ歯です。固いもの・やわらかいものと素材も選択することができます。
  • コンフォートデンチャー
    義歯床の上あごや歯茎と接する部分を、生体用シリコーンという素材で覆ったものです。クッション性が高く歯茎にかかる負担が少ないため、外れやすい・噛むときに痛いといったお悩みのある方に選ばれています。
  • 磁石式
    残っている歯に磁石を装着し、入れ歯側にも磁石を組み込むことで、磁力を応用した入れ歯を維持・固定をする方法です。
  • ブリッジ
    歯を失った部分の両隣の歯を削って土台にし、橋渡しをするように歯を補うものです。
  • テレスコープ
    残っている歯に金属冠を被せ、さらにそのうえから金属冠のついた入れ歯をかぶせて、金属冠同士の摩擦で入れ歯を固定します。

入れ歯を作った後のケアについて

綿密に計算と試着を重ねて丁寧にお作りする入れ歯ですが、それでも入れ歯をして最初の数週間、慣れるまではいろいろと不具合を感じてしまうものです。
また、顎の状態が変化したり歯茎が痩せたりすることでフィットしていたはずの入れ歯に違和感を覚えることもあります。

当院では患者さまに長く快適な入れ歯を使用していただけるよう、技工士が常駐しておりますので、入れ歯の作成、調整をいつでもその場で行うことができます。

皆様のお口と歯の健康を末永くお守りする「地域のホームドクター」としてこれからも精進してまいります。どうぞお気軽にご相談ください。

入れ歯を作った後のケアについて