一般歯科

メイン画像

一般歯科とは?

一般歯科とは「歯医者さんでの治療」と言った際に思い浮かぶ、虫歯治療・親知らずの治療・歯周病治療・根管治療・義歯の作成・小児歯科などの治療です。
一般歯科のほとんどは保険の範囲内で行われる治療ですので、一般歯科=保険診療と考えられる傾向があります。
ただし、一般歯科=保険診療に一概に当てはまらないケースもあります。
たとえば入れ歯の製作を例に挙げると、選択する入れ歯素材や部位によっては保険制度の制約を受けるので保険適応外となることもあるのです。
保険適応・不適応の線引きが「分かりにくい」と感じられるかも知れませんが、その都度丁寧に説明させていただき、患者様にとってベストな治療法を提案させて頂きます。
気になること、分からないことなどありましたらいつでも遠慮なくお話くださいませ。

一般歯科画像

虫歯を放置すると?

虫歯は食べかすなどが出す酸によって歯が溶かされることで生じます。
「まだ痛みがないから大丈夫」「痛みがあったけれども、痛くなくなったから大丈夫」と虫歯を放置すると、大切な歯を失うばかりか感染症(顎骨炎・虫歯の原因菌が血液中に入り込み脳梗塞や心筋梗塞リスクを上げてしまう)を引き起こし重篤な症状に繋がる可能性もあります。
歯の構造は内側に向かうほどに柔らかくなるため、放置するほどに虫歯の進行速度はスピードを増します。
初期であればフッ素加工などで歯を一切削らない治療や、削ったとしてもほんの少しで痛みもなく治療完了を目指せますが、放置するほどに大がかりな治療が必要となり痛みも金額もかさんでしまうことに…。
大切な歯を守るためにも、早めの治療をぜひ心掛けてみてください。

虫歯を放置すると?

歯周病を放置すると?

歯周病は一度発生すると、自然に治ることはありません。
痛みや腫れが引いた、治ったと感じられることもありますが、一時的に症状が治まっているだけなので油断は禁物です。歯周病の初期症状は歯茎から出血をしやすくなった、歯茎がむずむず痒いといった極些細なものです。
さらに段階が進むと、歯茎が腫れる、口から膿のようなにおいがする、歯が揺れるといった様に徐々に歯が溶けていき、最終的には歯が抜け落ち、他の歯も手遅れとなってしまいます。
歯周病により健康な歯を大幅に失うことで、食べられるものが偏り生活習慣病を引き起こしやすくなる、噛むことが難しくなり認知症になりやすくなる、見た目に自信が持てなくなり会話の数が減ってしまうなど生活の質にも関わるのです。
「歯周病かな?何か歯茎に違和感があるな」と思われたら、いつでも遠慮なくご相談ください。

歯周病を放置すると?